ブログトップ

渡霧吐夢世界

tomcorder.exblog.jp

薄暗く不透明な世に一条の光を求める一こま

読書日記11月3日

a0292328_21375681.jpg


今さら聞けない中国の謎66 歐陽宇亮監修  2011年9月刊

「近くて遠い国」中国の謎、日本人の目から見た素朴な疑問に答える形で構成された、「中国理解入門の書」世界第2位の経済大国になった中国にはいろいろ理解しがたい現象がある。又最近10年、20年の間に急激に様相を変化させつつある、「中国人像」の実態にせまるべく、66項目の設問に明快な解答と状況説明を繰り広げている。「地縁、血縁」が物を言う中国社会の実態とか、都市と農村の格差、一人っ子政策の実態、原発への反応や福島原...発事故の影響、間違っても謝らない中国人の特性、「面子」を重んじる中国人気質、・・・等々日本とはことなった中国及び中国人の特質を分かりやすく説明している。これらのことを頭に入れて中国を眺めれば、それほど中国と言う国に対して頭を抱えることなく、付き合ってゆけるのではないあろうか。国土や民族構成、歴史等を総合的に理解することから、国や国民性につての理解も可能になってくる。先ずは何より「知ること」が理解に繋がるという事かもしれない。続きを読む
[PR]
by tomcorder | 2012-11-03 21:38 | 日記