ブログトップ

渡霧吐夢世界

tomcorder.exblog.jp

薄暗く不透明な世に一条の光を求める一こま

読書日記3月6日(木)


「大震災のなかでー私たちは何をなすべきか」
                   内橋克人、他  2011年6月刊

3.11の大震災のあと、内橋克人氏以下様々な分野の論陣が震災後のあり方を語ったものを編集、編成したもの。例を示せば・・・
・私らは犠牲者に見つめられている(大江健三郎)・原発震災と日本(柄谷行人)・大阪の読売新聞(中井久夫)・想定外の大震災とは(竹内啓)・・・大規模な人権侵害が民主的に行われている(三好春樹)・被災地には生活が続いている(湯浅誠)・後戻りする復旧でなく新しい復興計画を(金子勝)・危険社会から安全・安心社会を目指して(河田恵照)
等々。
a0292328_18582330.jpg

[PR]
by tomcorder | 2014-03-06 18:58 | 日記