ブログトップ

渡霧吐夢世界

tomcorder.exblog.jp

薄暗く不透明な世に一条の光を求める一こま

a0292328_1016985.jpg

「検察の大罪」2010年6月  <三井環>
著者は何と元大阪高検公安部長つまり元「検事」なのだ。「検事」が「検察」の裏を暴く。すなわち告発本の権化のような本である。しかも作者はテレビ朝日の取材のため、予定されていた平成14年4月22日その日に、逮捕されてしまった。容疑は「電磁的公正証書原本不実記録、不実記録電磁的公正証書原本供用、詐欺罪」であった。何のことやらピントこない。通常逮捕などしない。いわゆる「微罪」である。多くの社会人がやっていそうな、事務上の時間的ミスのようなものである。このような罪名で検挙され「起訴」され、何と15ヶ月の実刑判決を受け服役することになったのだ。なぜ、現職検事が逮捕収監されたしまったのか。それは、検察の「裏金工作」を内部告発し、権力側に目の仇にされ、見せしめ的に犠牲になったと見るのが自然な流れだ。時の政権とも一体になり裏取引の連鎖が連鎖を生んだと想像できる。検察と政界が癒着したとしたら、国は根本から歪んだ道筋を歩むことになる。そういう観点に立ち世相を眺めれば、いくつかの不自然な現象、事件が体系だって位置づけられるようになる。植草一秀氏事件、厚生省村木氏関連事件、小沢一郎関連事件、等々世論の疑問の対象となる検察の勇み足が連続している。この書をきっかけに日本の政界・検察・+(??)を大きく包むダークマターが徐々に実像を現しつつある
[PR]
# by tomcorder | 2012-09-21 10:16
a0292328_10235711.jpg

さらば外務省」天木直人2003年9月刊
筆者は元駐レバノン特命全権大使。すなわちピカピカの「外務官僚」だった。しかし、2003年8月29日辞職勧告を受け事実上退職を宣告された。なぜか?直接の動機は、時の総理小泉純一郎あてに、ブッシュ政権の対イラク戦争を正当化し、日本もアメリカの支援をするようなことをしないように、呼びかけた「具申書」を送ったからだ。簡単に言えば日本政府の方針に「たてついた」からである。国民の前に「高い」と言われた支持率にあぐらをかき、次々と独断的政策を推進していた小泉政権ではあったが、「マスコミの前の顔」と「アメリカ首脳部の前に出た顔」では別人であった。およそ国内での発言とは対照的に屈辱的態度でアメリカの支持に従い、御用聞きのごとく振舞っていたのだ。だから、イラクへの戦争戦略に対してもいち早く、「支持」の旗を揚げたのだ。中東の大使として、日本の置かれた立場を重く認識していた氏は、一方的にアメリカ支持を世界に表明することは日本の国益にマイナスであると強く思っていた。そして、葛藤の末意を決して、思い切った行動に踏み切ったのである。
結果的には、「公務員としてあるまじき姿」との判断を組織及び権力側から宣告され、時の外相川口順子より退任の辞令をうけることになったのだ。一公務員の選択した行為としてはまことに勇気のいる判断であっただろう。しかし、日本の首脳部はいかにもワンパターンな判断しかしてこなかった。
小泉氏がブッシュ大統領の発言を強くアシストしていたが、結局「大量兵器」は発見されなかった。つまり、うそつきブッシュと小泉純一郎は「同罪」だったのである。作者の主張に正当性があったと考えるのは私だけだろうか。政権は変わっても国内では「イラク戦争」の犯罪性と責任者の追求はうやむやのままだ。「原発事故」の処理にも通ずるものがある。
なんといういい加減な国だ。

[PR]
# by tomcorder | 2012-09-21 10:04
薄暗く不透明な現代にあって、少しでも明るい灯火をともしたく、ブログ開設に至りました。未熟者ゆえ、多々舌足らずの点は重々承知の上、あえて一言述べねばならぬときに、更新したいと考えています。具体的構想は準備中ではありますが、随時発信してまいりたいと思っております。興味本位で結構ですから、何かお感じの際は遠慮なくご発言下さい。
[PR]
# by tomcorder | 2012-09-19 11:24 | 日記